開業医 失敗のTOPに戻る

開業医 集客集患

開業医としてスタートを切ってから多くの方が失敗する原因があります。

それは集患です。

開業医コンサルタントに寄り添ってもらって事業計画やビジョンを固めても、患者が来なければ意味がありません。実際のコンサルを受けてみると対価に見合ったサービスを受けている気になりますが、医院としての方向性やカラーが地域のニーズとかけ離れていては全く意味がありませんし集患できません。

のことに気付いていない医院やクリニックがあまりにも多いです。

更に開業医コンサルタント自体がそのことに気付いていない場合もあります。

開業する前の段階で
中央集客型クリニック
地元密着型クリニック
のどちらかを決断しなければいけません。

これは本人の意向というよりも地域が求めているスタイルに合わせることが大切です。

しかし多くの開業希望の先生やコンサルタントが渋谷や青山や銀座の一等地にある様な、ハイブランドな中央集客型クリニックの事例を基に、さも当たり前の様に方向性を決めてしまいます。

田舎に豪華なカフェの様な医院が建っているのをよく見かけますが、それが良い例です。

地域の高齢者が豪華なカフェの様な出で立ちのクリニックを望んでいるでしょうか。

周りにクリニックがなければそれでも集患はある程度することが出来ますが、競合が幾つか出来るとそれらに負けてしまい、結果として初期投資費用が回収できずに瞬く間に経営基盤が崩れてしまう場合があります。

自分がこういう様に開業したい!」と思う前に、まずは地域のニーズや声を把握することから始めましょう。

中央集客型か地元密着型の決断を間違えて失敗するクリニックは非常に多いです。

集患対策」は、実際に開業してからでは遅いです。

開業する前から集患対策をしておきましょう。

診療圏調査はもちろんですが、その他の集患対策も必要です。

薬卸業者、機械業者、開業医コンサルなどに診療圏調査を依頼したところ、虚偽の調査報告を見せられて、それを信用して開業したところ、予測の集患の半分程度しかできず、廃業に至る事例が多いです。

気をつけましょう。

集患対策については、薬卸業者、機械業者、開業医コンサルではなく、公平中立な第三者機関に相談してみると良いでしょう。

医師開業のための第三者機関」として、『全国職業相談センター』をご紹介します。

全国職業相談センターは、職業全般の相談を受けている相談窓口で、公平中立な第三者の立場で医師の独立開業の相談にものっています。

また、相談内容によって各種専門家や専門機関の紹介も行っているようです。

薬品メーカー、医療機器メーカー、コンサル会社とは違って「開業させること」が目的ではないため、時には「開業しない方がいいですよ」という第三者的な意見もくれます。

また、「すでに開業しているが、経営がうまくいっていない」「このままいくと廃業してしまう」「資金繰りが厳しい」という、開業医の相談も受けてくれます。

経営を今より改善したい開業医の先生は、医院の経営が手遅れになる前に気軽に相談してみると良いでしょう。

全国職業相談センターの相談は無料です。

開業を考えている」という方は、薬品メーカー、医療機器メーカー、コンサル会社の牽制役としても、全国職業相談センターに相談してみると良いでしょう。

開業には大きなリスクがあります。

薬品メーカー、医療機器メーカー、コンサル会社が開業させようとしてきても、慎重に検討しましょう。

全国職業相談センターへのお問い合わせはこちら
関連コンテンツ

開業医 医院開業コンサルタント 小児科失敗

医療コンサルタントに任せてしまった小児科医の事例を紹介します。 大病院で小児科医として勤務してきたJ医師は開業を考えていました。 このまま病院にいても未来はないし、小児科医は忙しすぎて自分・・・

開業医 クリニック開業コンサルタント 整形外科失敗

開業コンサルタントで失敗してしまった整形外科医の事例を紹介します。 I医師は大病院の整形外科医として働いていました。 医大が同じだった整形外科医の医師仲間が美容整形クリニックを開業して年収・・・

開業コンサルタントに任せるも内科の開業に失敗してしまった事例

コンサルタントに集客などのモデルを任せるも内科の開業に失敗してしまった事例を紹介します。 大病院の勤務医として働いてきた内科のH医師は、同期の医師仲間がどんどん開業していくのを見て少し焦りを覚え・・・

クリニック開業コンサルタントに頼ってしまった内科開業医の失敗事例

医療コンサルタントの言いなりになってしまった結果、廃業してしまった内科開業医の事例です。 勤務医のG医師は自分の経験値がある程度いったら開業しようと前から思っていました。 そのため、ずいぶ・・・

コンサルタントに頼るも経営に失敗した整形外科医の事例

医療コンサルタントのアドバイスを参考にした結果、財政がひっ迫してしてしまった事例を紹介します。 勤務医の整形外科医Fは、大病院の整形外科の激務に疲弊しきっており、「この先もこんなペースで仕事はで・・・

開業医 助成金

企業が開業したての時期に積極的に活用したいのが国からの〈助成金〉です。 助成金は開業医も勿論申請可能ですが、助成金に疎い先生が多いのは不思議な話です。 助成金は新陳代謝があるので随時チェッ・・・


「開業医 集客集患」のトップへ↑
「開業医 失敗」のトップへ↑