開業医 失敗のTOPに戻る

開業医 助成金

企業が開業したての時期に積極的に活用したいのが国からの〈助成金〉です。

助成金は開業医も勿論申請可能ですが、助成金に疎い先生が多いのは不思議な話です。

助成金は新陳代謝があるので随時チェックをして申請した方がお得といえます。

例えば2015年に出来た「企業内人材育成推進助成金」は、正規雇用者以外にも短時間労働者、有期契約、派遣、無期雇用関係なく人数分の金額が支給されます。

実例で従業員15名で対象者6名のクリニックで80万円の支給がされました。

この助成金は〈従業員の中長期的なキャリアアップを支援するため〉などと言われていますが、助成金に詳しい先生に伺うと要するにこれは「バラマキ助成金」だと表現する方もいます。

大きな金額ではありませんが、開業してからの細かな運転資金に使うには最適です。

開業したての時は特に支出を減らしたい時期なので助成金を活用することが、命運を握るかもしれません。

助成金の種類は3000以上あるので積極的に活用した方が良さそうです。

このような開業に関する相談は薬品メーカー、医療機器メーカー、コンサル会社ではなく、中立公平な第三者機関への相談が安心です。

数はごくわずかですが、医師開業のための第三者機関は存在します。

医師開業のための第三者機関」として、『全国職業相談センター』をご紹介します。

全国職業相談センターは、職業全般の相談を受けている相談窓口で、公平中立な第三者の立場で医師の独立開業の相談にものっています。

また、相談内容によって各種専門家や専門機関の紹介も行っているようです。

薬品メーカー、医療機器メーカー、コンサル会社とは違って「開業させること」が目的ではないため、時には「開業しない方がいいですよ」という第三者的な意見もくれます。

また、「すでに開業しているが、経営がうまくいっていない」「このままいくと廃業してしまう」「資金繰りが厳しい」という、開業医の相談も受けてくれます。

経営を今より改善したい開業医の先生は、医院の経営が手遅れになる前に気軽に相談してみると良いでしょう。

全国職業相談センターの相談は無料です。

開業を考えている」という方は、薬品メーカー、医療機器メーカー、コンサル会社の牽制役としても、全国職業相談センターに相談してみると良いでしょう。

開業には大きなリスクがあります。

薬品メーカー、医療機器メーカー、コンサル会社が開業させようとしてきても、慎重に検討しましょう。

「全国職業相談センター」へのお問い合わせはこちら
関連コンテンツ

開業医 医院開業コンサルタント 小児科失敗

医療コンサルタントに任せてしまった小児科医の事例を紹介します。 大病院で小児科医として勤務してきたJ医師は開業を考えていました。 このまま病院にいても未来はないし、小児科医は忙しすぎて自分・・・

開業医 クリニック開業コンサルタント 整形外科失敗

開業コンサルタントで失敗してしまった整形外科医の事例を紹介します。 I医師は大病院の整形外科医として働いていました。 医大が同じだった整形外科医の医師仲間が美容整形クリニックを開業して年収・・・

開業コンサルタントに任せるも内科の開業に失敗してしまった事例

コンサルタントに集客などのモデルを任せるも内科の開業に失敗してしまった事例を紹介します。 大病院の勤務医として働いてきた内科のH医師は、同期の医師仲間がどんどん開業していくのを見て少し焦りを覚え・・・

クリニック開業コンサルタントに頼ってしまった内科開業医の失敗事例

医療コンサルタントの言いなりになってしまった結果、廃業してしまった内科開業医の事例です。 勤務医のG医師は自分の経験値がある程度いったら開業しようと前から思っていました。 そのため、ずいぶ・・・

コンサルタントに頼るも経営に失敗した整形外科医の事例

医療コンサルタントのアドバイスを参考にした結果、財政がひっ迫してしてしまった事例を紹介します。 勤務医の整形外科医Fは、大病院の整形外科の激務に疲弊しきっており、「この先もこんなペースで仕事はで・・・

開業医 集客集患

開業医としてスタートを切ってから多くの方が失敗する原因があります。 それは集患です。 開業医コンサルタントに寄り添ってもらって事業計画やビジョンを固めても、患者が来なければ意味がありません・・・


「開業医 助成金」のトップへ↑
「開業医 失敗」のトップへ↑