開業医 失敗のTOPに戻る

開業医 妻の苦悩

独身女性のKさんは「結婚するならお医者さんがいい」とずっと思っており、婚活の末に勤務医のLと付き合うようになり、晴れて結婚まで至りました。

結婚から2年ほど経ったときにL医師は開業しました。

Kさんは医師でも看護師でもないので、スタッフとしてクリニックを手伝うことになりました。

Kさんの仕事は患者さんの対応、電話対応、受付、掃除などの雑務でした。

Kさんの方が朝早くクリニックに入り準備をして、仕事が終わるのは旦那のL医師よりも遅いことが多い状態でした。

仕事が終わってから家に戻り、今度は夕飯の支度をして片づけをして、風呂や洗濯、家の掃除まですべて妻Kさんがやっていました。

家にいるときは旦那のL医師は休むだけで何もしません。

あるとき妻Kさんが「少し家事を手伝ってほしい」と言うと、「俺は開業医だぞ。開業医を普通の仕事と一緒にするな。医者はとても疲れる仕事なんだ。お前は仕事の手伝いをしているだけなんだから、家事くらいはやってくれよ」と冷たく言われてしまいました。

開業したばかりなので、旦那のL医師も疲れているのと、お金の余裕は全くありません。

Kさんは家事を求められるだけでなく、昼間クリニックの仕事でも完璧を求められます。

ですが、妻Kさんは医療業界にいたことがないので医療用語を覚えるところから苦戦しました。

一日の家事が全て終わって夫が寝た後に、わからない言葉を勉強していました。

それでも、少しでもできないとスタッフや看護師の前でも怒られました。

Kさんが描いていた「医者の奥さん」という優雅なイメージとは全く違う世界でした。

Kさんは結婚したことを後悔しています。
↓↓↓
確かに旦那さんも横柄ですが、「医者の奥さん」を優雅なイメージで思っていた妻Kさんも医者の世界を知らなすぎましたね。

医師の世界、特に開業医の開業当初は皆こんな感じだと思います。

厳しい世界ですし、なにしろ自分で商売をし始めたのですからイライラもしますし、そんな甘いことを言っていられない世界です。

社長と結婚したら幸せ」と考えている女性にも警告しておきたいですが、決して幸せとは限りません。

儲かっているときはいいでしょうが、資金面が悪化したときは相当の覚悟が必要です。

それくらい、開業医、社長、経営者と結婚するのは覚悟がいります。

というか、結婚自体覚悟がいると思いますが・・・。

ちなみに参考までに、開業医の奥さんの良い相談先をご紹介しておきます。

医師の開業について公平中立で第三者的なアドバイスや相談に乗ってくれる、「開業医相談センター」という第三者機関があります。

ここのメリットは、医師だけでなく、医師の奥さんや家族の相談にも無料で乗ってくれることです。

夫が開業しようとしているが、大丈夫でしょうか?

夫が開業しているのですが、経営がうまくいっていない

などの相談に数多く乗ってきた機関です。

相談に必要なのはメールアドレスだけのため、名前・住所・科目などを明かさなくても、夫に内緒で気軽にメールで無料相談できます。

医師の妻・奥さんで様々な悩みや不安を抱えている方は相談してみてください。

「開業医相談センター」へのお問い合わせはこちら
関連コンテンツ

開業医の妻は大変

以前、大病院の看護師として働いていたEさんは同じ病院の男性勤務医と仲良くなりました。 休みが合うと一緒に映画に行ったり食事に行ったりしました。 やがて2人は付き合うようになり、やがて結婚し・・・

開業医 妻苦悩

以前、看護師として病院で働いていたDさんは、ある男性勤務医と仲良くなり、交際するようになりました。 そして、2人の仲はどんどん進んでいき、やがて結婚に至りました。 Dさんは結婚を機に看護師・・・

医者 結婚失敗

30代女性のCさんは合コンで出逢った男性勤務医と仲良くなりました。 その後も2人でご飯に行くようになり、交際がスタート。 そのまま結婚に至りました。 2人の結婚生活は順調に進み、結婚・・・

医師 結婚失敗

以前MRの営業として大病院に出入りしていた30代女性のBさんは、MR時代に大病院である男性勤務医と知り合いました。 仕事の担当ではなかったのですが、間を取り持ってくれた医師がいて、Bさんはその男・・・

開業医 ママカースト

インドの身分制度の「カースト制」。 日本でも「スクールカースト」、「部内カースト」等とさまざまな格差を表現する言葉として使われます。 そのうちの一つの「ママカースト」では旦那の年収や職業で・・・


「開業医 妻の苦悩」のトップへ↑
「開業医 失敗」のトップへ↑