開業医 失敗のTOPに戻る

開業医 妻苦悩

以前、看護師として病院で働いていたDさんは、ある男性勤務医と仲良くなり、交際するようになりました。

そして、2人の仲はどんどん進んでいき、やがて結婚に至りました。

Dさんは結婚を機に看護師を退職して専業主婦になりました。

ところが、結婚から2年ほど経ったとき、夫が「開業する」と言い出しました。

どうして急に開業する気になったかわかりませんでしたが、夫がやりたいことを止めたくなかったDさんは「一緒にがんばろう」と開業準備に取り掛かりました。

それから1年半ほどして無事に開業に至りしました。

もともと看護師だったDさんもクリニックの1スタッフとして夫を支えました。

夫はクリニックの経営を軌道に乗せるのに必死でした。

朝早くから夜中まで仕事に励みました。

しかし、クリニックの経営はなかなか軌道に乗らず、夫に焦りの色が見え始めました。

すると、だんだん夫がDさんにあたるようになってきたのです。

仕事中にDさんがミスをすると夫は怒鳴り散らして怒りました。

若い女性スタッフに「いつもあいつがミスしてすまないね」とまで言っていました。

家に帰ると夫の無視が始まりました。

Dさんが何を聞いても答えてくれません。

寝るときは夫はベッドに寝て、Dさんはソファに寝るようになりました。

夫婦の仲は完全に破綻していました。

そして、夫が若い女性スタッフと浮気していることが発覚

Dさんの精神はおかしくなりました。

Dさんは離婚に向けて動いています。
↓↓↓
勤務医から開業医になるとこういうことが起こることがあるようです。

夫は「俺だけががんばっている」という思いこみをしていることもあります。

また、医師は浮気をしやすいと言われます。

もちろん全員ではありませんが、その傾向が夫にはあったのかもしれませんね。

開業医の妻になるということはこれだけのリスクを背負うものです。

もちろん夫もひどいですが、医者の妻とは甘くないのです。

華やかな世界に見えるかもしれませんが、現実は甘くありません。

開業医の妻になるということはとても覚悟がいることなのです。

ちなみに参考までに、開業医の奥さんの良い相談先をご紹介しておきます。

医師の開業について公平中立で第三者的なアドバイスや相談に乗ってくれる、「開業医相談センター」という第三者機関があります。

ここのメリットは、医師だけでなく、医師の奥さんや家族の相談にも無料で乗ってくれることです。

夫が開業しようとしているが、大丈夫でしょうか?

夫が開業しているのですが、経営がうまくいっていない

などの相談に数多く乗ってきた機関です。

相談に必要なのはメールアドレスだけのため、名前・住所・科目などを明かさなくても、夫に内緒で気軽にメールで無料相談できます。

医師の妻・奥さんで様々な悩みや不安を抱えている方は相談してみてください。

「開業医相談センター」へのお問い合わせはこちら
関連コンテンツ

開業医の妻は大変

以前、大病院の看護師として働いていたEさんは同じ病院の男性勤務医と仲良くなりました。 休みが合うと一緒に映画に行ったり食事に行ったりしました。 やがて2人は付き合うようになり、やがて結婚し・・・

医者 結婚失敗

30代女性のCさんは合コンで出逢った男性勤務医と仲良くなりました。 その後も2人でご飯に行くようになり、交際がスタート。 そのまま結婚に至りました。 2人の結婚生活は順調に進み、結婚・・・

医師 結婚失敗

以前MRの営業として大病院に出入りしていた30代女性のBさんは、MR時代に大病院である男性勤務医と知り合いました。 仕事の担当ではなかったのですが、間を取り持ってくれた医師がいて、Bさんはその男・・・

開業医 妻の苦悩

独身女性のKさんは「結婚するならお医者さんがいい」とずっと思っており、婚活の末に勤務医のLと付き合うようになり、晴れて結婚まで至りました。 結婚から2年ほど経ったときにL医師は開業しました。 ・・・

開業医 ママカースト

インドの身分制度の「カースト制」。 日本でも「スクールカースト」、「部内カースト」等とさまざまな格差を表現する言葉として使われます。 そのうちの一つの「ママカースト」では旦那の年収や職業で・・・


「開業医 妻苦悩」のトップへ↑
「開業医 失敗」のトップへ↑