開業医 失敗のTOPに戻る

開業医 ママカースト

インドの身分制度の「カースト制」。

日本でも「スクールカースト」、「部内カースト」等とさまざまな格差を表現する言葉として使われます。

そのうちの一つの「ママカースト」では旦那の年収や職業で位置づけが決まります。

色々な判断材料の結果として同じ階層ではない、とその階層のカーストトップのママに判断された結果、下層になるというのでママ同士のコミュニティというのも恐ろしいものです。

医者や大学教員、外資系や一流企業の経営者が上層グループの条件になることが多い様です。

上場企業に所属していても、いち従業員だと〈サラリーマン〉ということで階層判断にかかり怪訝にされることも実例でありました。

開業医は医者ということで肩書き上は威力がありますが、開業したてなのでビジネスを軌道にのせる為に必死の時期です。

ママカーストで階層を保つ為に見栄を張っても、実は医院としては大事な時期で苦しいという場合もあります。

開業医の妻はママカーストの影響で心身共に疲れてしまう、という場合が少なくない様です。

「開業医相談センター」へのお問い合わせはこちら
関連コンテンツ

開業医の妻は大変

以前、大病院の看護師として働いていたEさんは同じ病院の男性勤務医と仲良くなりました。 休みが合うと一緒に映画に行ったり食事に行ったりしました。 やがて2人は付き合うようになり、やがて結婚し・・・

開業医 妻苦悩

以前、看護師として病院で働いていたDさんは、ある男性勤務医と仲良くなり、交際するようになりました。 そして、2人の仲はどんどん進んでいき、やがて結婚に至りました。 Dさんは結婚を機に看護師・・・

医者 結婚失敗

30代女性のCさんは合コンで出逢った男性勤務医と仲良くなりました。 その後も2人でご飯に行くようになり、交際がスタート。 そのまま結婚に至りました。 2人の結婚生活は順調に進み、結婚・・・

医師 結婚失敗

以前MRの営業として大病院に出入りしていた30代女性のBさんは、MR時代に大病院である男性勤務医と知り合いました。 仕事の担当ではなかったのですが、間を取り持ってくれた医師がいて、Bさんはその男・・・

開業医 妻の苦悩

独身女性のKさんは「結婚するならお医者さんがいい」とずっと思っており、婚活の末に勤務医のLと付き合うようになり、晴れて結婚まで至りました。 結婚から2年ほど経ったときにL医師は開業しました。 ・・・