開業医 失敗のTOPに戻る
「開業医 失敗」トップ >  開業医 失敗事例 > 地域貢献のため地方医療に従事したいけど・・・

地域貢献のため地方医療に従事したいけど・・・

日本の医療において、医師不足は大きな問題となっています。

そもそも医師の絶対数の不足、業務量の増大などが大きな要因と考えられます。

特に地方医療では医師不足の問題は顕著になっています。

このような状態が続くと、地方で一人ぐらいをする高齢者の孤立化や、緊急を要する症例に対応しきれないなどの問題が生じます。

診療科の休止や病院の統廃合にもつながり、地域に医師が全くいないという無医地域が増えるという状況も考えられます。

診療科による偏重も大きく、産科、小児科、麻酔科、救急などの現場での医師不足は特に深刻になっています。

地域医療の今後を考える上で注目されるのがIT技術の活用です。

たとえば画像の伝送システムや、産科での胎児心拍モニターの送付、などにより、高度な医療を提供することができます。

また、地域に一つの病院が全てを診るのではなく、二次、三次の病院が患者を受け入れるネットワークを構築することで、働く医師も安心して治療をすることができます。

家庭医や総合診療医を目指す医師が地方に増えることも期待できます。

また、将来的に地方の医師不足を解消する方法としては、医学部の定員を増やす、女性の医師が働きやすい環境を作る、などの方策が必要と考えられます。

こういった問題を解決するためにも、地域医療を担う医師が必要な状況に来ています。

地域医療を検討する場合、リクルートや大手も進出していますが、地域の医師派遣に特化した会社に相談すると良いでしょう。

一般的に回っている求人情報を扱っている会社ではなく、地域医療と連携し確実性のある会社があります。

株式会社 PLUG
この会社は、病院協会と連携し地域医療のための医師派遣に特化しています。
例)

勤務地:北海道(札幌近郊)

医科:消化器科、循環器科、内科等

年収:平均2,000万〜2,500

勤務年数:2〜3年

休日:週休2日

手当:家賃手当、冬季燃料手当、帰省手当、バイト先の斡旋等

地域医療に数年貢献し、そこで得た収入を元に独立を検討したり、余生をその地域で過ごすという選択肢も出てきます。
関連コンテンツ

開業したいが資金がない・・・

開業する医科にもよりますが、開業するためには自己資金が数千万単位で必要になります。 数千万なくても開業することは可能ですが、開業と同時にリース・ローン・家賃・人件費等の支払いに追われることになり・・・

収入が高いところに転職したいけど・・・

医師は年収の高い職業と言われています。 間違いなく他業種に比較すると高いです。 医師の平均年収 年収:1,479万円(厚生労働省調べ) 月収:123万円 大学病院の医局に進んだ場・・・