開業医 失敗のTOPに戻る
「開業医 失敗」トップ >  開業医 失敗事例 > 開業したいが資金がない・・・

開業したいが資金がない・・・

開業する医科にもよりますが、開業するためには自己資金が数千万単位で必要になります

数千万なくても開業することは可能ですが、開業と同時にリース・ローン・家賃・人件費等の支払いに追われることになり、精神的に追い詰められた状況でのスタートになる方が多い
です。

そうならないためには、ある程度の自己資金が必要です。

自己資金の貯蓄方法
〇前に準備して貯めておいた貯蓄を活用する
△海譴ら貯蓄する
親類等から借入する
ぜ入のいいところに転職する

,できている方は、開業するための資金計画・事業計画を練り、足りていればすぐにでも開業に向けて動くことができます。

不足がある場合でも、不足分を◆銑い亮蠱覆之衙笋瓩任れば、早々に開業にこぎつける事は可能です。

△六間がかかります。思い立ってから開業するまで通常でも1〜3年かかりますので、更に時間を要する可能性が高いです。

は実行できれば早期の開業が可能ですが、数千万単位を親族が簡単に貸してくれることは、現実的には難しいので最終手段として検討された方が得策です。

↓のように時間とリスクをかけずに確実に貯蓄する方法がい任后

い亮蠱覆箸靴討蓮地域医療(僻地医療)への貢献があります。

首都圏では医師不足ということがそこまで実感されていませんが、地方では待ったなしの状況が続いています。

定期的な受診を求める方々や、常服薬の処方を受ける方々のために、常駐医なくして地域医療は成り立ちません。

現状では首都圏から出張対応や、派遣要請、短期常駐等でギリギリの対応を強いられています。

そのため、地域医療に貢献することのできる医師には首都圏では考えられないような年収を得ることも可能です。

例)
勤務地:北海道(札幌近郊)

医科:消化器科、循環器科、内科等

年収:平均2,000万〜2,500

勤務年数:2〜3年

休日:週休2日

手当:家賃手当、冬季燃料手当、帰省手当等

上記は一例ですが、2〜3年で開業するための資金を十分に確保することが可能です。

趣旨は違いますが、老後を見据えそのまま勤務地に残られ、地方で余生を過ごすことを選択する医師もいます。

地域医療を検討する場合、リクルートや大手も進出していますが、地域の医師派遣に特化した会社に相談すると良いでしょう。

一般的に回っている求人情報を扱っている会社ではなく、地域医療と連携し確実性のある会社があります。

株式会社 PLUG
この会社は、病院協会と連携し地域医療のための医師派遣に特化しています。
関連コンテンツ

収入が高いところに転職したいけど・・・

医師は年収の高い職業と言われています。 間違いなく他業種に比較すると高いです。 医師の平均年収 年収:1,479万円(厚生労働省調べ) 月収:123万円 大学病院の医局に進んだ場・・・

地域貢献のため地方医療に従事したいけど・・・

日本の医療において、医師不足は大きな問題となっています。 そもそも医師の絶対数の不足、業務量の増大などが大きな要因と考えられます。 特に地方医療では医師不足の問題は顕著になっています。 ・・・